最新記事一覧

日頃から点検しましょう

作業員

止水栓を止めましょう

いつも気にせず蛇口をひねって水や湯を使用していますが、取り扱いを間違えたり定期的なメンテナンスを怠ると大きなトラブルに繋がります。水回り修理が緊急性があるものも多く、程度によっては家屋に大きな被害を与えかねません。異変を察知したならば早めに水回り修理を依頼しておきましょう。始めに気が付くのが蛇口を閉めても滴り落ちる水漏れです。キッチンや洗面台の蛇口から漏れる水漏れは、経年変化によるものならばコマパッキンの交換により水回り修理が完了します。蛇口の破損や水道管の亀裂による場合は、蛇口ごと交換することもあり、症状がどの辺りから出ているのか業者へ連絡する前に確認しておくと良いでしょう。程度のひどい水漏れは業者へ報告をする前に必ず止水栓を止める必要があります。キッチンや洗面台では蛇口の下に、トイレの水漏れの場合はタンクの横の配管にマイナスドライバーで動かすことのできる止水栓が付いています。住まいのあちこちから漏れている場合には、水道局が確認にくるメーターの横に大元の止水栓が設置してあります。これを止めれば家屋に流れる水が止まります。浴室の混合栓の水漏れや湯量のムラ、温度が上がらないといった故障は給湯器の寿命からくるものもあり、給湯器の見直しをすると混合栓ごと交換してくれます。水回り修理がひどくなる前に定期的なメンテナンスを行うのと共に、小さなトラブルを早めに解決して住環境を快適に整えましょう。